交通事故で傷害を負う被害者が出た場合には強制保険である自賠責保険によって被害者に保険金が支払われます。しかしこの保険金は被害者が必要書類をまとめた後に、保険会社に請求を行わなければならず、多くの時間がかかります。交通事故の被害者は身体的な傷害はもちろんですが、精神的に疲弊しているものです。保険金が支払われるまでは経済的な問題も重くのしかかってしまいます。
そこで本来の保険金が入るまでの被害者の経済的負担を軽くするために仮渡金という制度があります。仮渡金は事故の加害者が被害者側に損害賠償金の支払いを行っていない場合に被害者が請求できるものです。請求対象は加害者が加入している保険会社で、通常申請後1週間以内には仮渡金が支払われます。仮渡金の額は単純なもので死亡した場合は一律で290万円、傷害時は5万円~40万円までの額が怪我の程度に応じて支払われます。
大抵の場合は保険金より低額の支払い金額になり、後日、既に払ってある仮渡金の額を控除して残額が保険金として支払われます。保険金の最終的な確定額より仮渡金が大きかった場合は被害者はその差額を加害者側の保険会社に返還する必要があります。万が一、加害者に過失がないなどで損害賠償責任がないと判断された場合には仮渡金の全額を返還しなければなりません。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。