自動車損害賠償責任保険(自賠責)は、全ての運転用自動車に加入が義務付けられている「強制保険」です。
自動車による事故が発生し、かつ被害者がいた場合、その損害賠償責任は当然加害者等によって保障責任を負うわけですが、加害者全てが十分な資力(お金)を持っているとは限りません。従って、被害者保護の観点から法律の裏付けによる強制力を持たせた保険、自賠責が生まれました。自動車購入時や車検時に保険料を支払う必要がでてくるので、事故に会ったあるいは事故を起こした方でなくとも車をお持ちの方はご存知かと思います。
被害者保護の観点から生まれた保険として特徴的なのは、「被害者請求」が可能ということです。加害者が手続きを進めてくれない場合などに対応するため、被害者が保険金を請求できるのです。しかし、被害者請求をした場合でも、すぐに支払いを受けられるわけではありません。必要書類をそろえ、一定の調査が終わった後で支払いとなります。一方で、被害者は治療費や被害者が亡くなった場合は葬儀費用等がただちに必要になります。このため、被害者は当座の費用として「仮渡金」というものを請求することができます。被害者の被害の程度によって仮渡金の金額は異なっており、被害者が死亡した場合は290万円になります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。