お金05交通事故に遭遇したとき事故を起こした加害者は、被害者に損害賠償を支払わなければいけません。加害者が自賠責保険に加入していた場合は、自動車損害賠償法によると、加害者となる当事者でなく自賠責保険会社へ損害賠償金の支払いを請求する事が出来ます。このことを被害者請求言いますが、実際にすぐに損害賠償金が支払われるわけではありません。損害賠償金は事故に対して示談や和解が出来た場合や、裁判所で確定した場合に支払われます。被害者が治療費を必要とする場合、損害賠償金が支払われるまで被害者側の事を考えて、入院費の支払いを被害者側から求めることが出来るのを仮渡金といいます。仮渡金はケガの程度によっても支払われる限度額が異なります。脊髄の骨折や損傷をした場合や上腕や前腕骨折で合併症を負った場合には40万円支払われます。内臓破裂で腹膜炎を起こした場合や14日以上入院が必要な場合も40万円支払われます。脊髄の骨折や上腕や前腕の骨折の場合、自賠責保険会社から20万円支払われます。内臓破裂や30日以上医師もと必要な場合も20万円支払われます。11日以上の医師の治療が必要になった場合は、自賠責保険会社から5万円支払われます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。