交通事故にあった場合、相手の自賠責保険に対して、損害賠償金の請求を行うことになります。但し、支払いがされるのは、かなり後になってしまいます。調査などが行われ、その結果が出た後になるためです。しかし、治療費などはすぐに支払いをしなければいけませんし、未払いのままでは被害者側が困ってしまうことが多いです。その被害者救済のためにあるものが、仮渡金です。
仮渡金は損害賠償の金額がまだ未確定の場合でも、将来、損害賠償されるだろう金額を被害者が自賠責保険に対して、請求することが出来るもののことを指します。
死亡者の場合は、1人につき290万円を請求することが出来ます。傷害を負った場合は、症状によって異なってきますが、20万円から40万円の金額を請求することが出来ます。但し、脊柱の骨折、内臓破裂、14日以上の入院、30日以上の治療、上腕または前腕の骨折など、かなり症状が重いものに限られます。症状があまり重くなくても、11日以上、医師の治療を必要とする場合は、1人につき5万円を請求することが出来ます。
このように、損害賠償の金額が未払いの状態の場合でも、自賠責保険に請求することが出来るものを仮渡金と言います。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。