お金01仮渡金とは、事故に遭った被害者のケガの治療が長期にわたってしまって、損害額が決定するまでお金が入ってこないということを防ぐために、額が決定する前に費用を求めることができるという制度です。お金は被害者が負傷したり死亡した場合に請求することができ、医療費などに充てられます。支払金額には基準があり、死亡者1人につき290万円、14日以上の入院が必要で、30日以上の治療が必要な症状の場合は1人につき40万円、14日以上の入院が必要な症状の場合は1人につき20万円、11日以上の治療が必要な症状の場合は1人につき5万円となっています。30日以上の治療が必要な症状には脊髄を損傷したり腕の骨折による合併症など、14日以上の入院が必要な症状には内臓の破裂や腕の骨折などがあります。お金を請求するために必要な書類としては、支払い請求書の他に、交通事故証明書や医師の診断書、印鑑証明、戸籍謄本があります。印鑑証明は請求者と委任者のものが必要となっています。お金は請求をしてから1週間程度で支払われるようになっています。請求できるのは1回のみとなっているので、複数回請求することはできません。このように、被害者の経済面を補助している制度と言えます。